40代の転職

40代

会社を辞めたい40代独身(男性)が今後やるべき行動!

社会人になって約20数年。もう今の会社辞めたいと思ったりしませんか?

「もう少し早く転職してればよかったなー」なんて声はよく聞きます。

でも、40代で会社辞めて次の職場なんて無いよな~とまず最初に思いますよね。

実際に私が勤める会社でも、40代で辞めていく人は年代別で見ると一番少ない気がします。

jajamaru
もうすぐアラフォーの仲間入りjajamaruです。社会人経験20年からのスキルや知識を発信しています。これまでにブラック企業は2社経験あり。現在は超ホワイト企業に安定。プロフィールはこちら

40代になると、求められる条件も高くなることや、求人数自体が少なくなって転職の難易度は上がります。

▼当記事でわかること

  1. 40代で会社を辞めたいと思う理由
  2. 40代で会社を辞めたいと思った時に取るべき行動
  3. 辞めたいと思って仕事を続けるリスク
  4. 転職が大丈夫な理由

辞めたいと思っても年齢的な問題がつきまとう40代。どうすればいいの?

結論から言うと、40代独身であれば転職なんて楽勝です。

今回は、そんなあなたが今後やるべき行動について解説していきます。

本文を読んで、より良い40代独身ライフを手に入れましょう

40代独身で会社を辞めたいと思った理由

退職している

40代に限らず、会社を辞めたいというのは誰にでもあることです。その年代特有の理由があります。

現在のあなたが会社を辞めたいと思ったのは、以下のような理由があるからでしょうか?

  • 今の会社に疲れた
  • 責任が重くなってきて耐えれない
  • 仕事内容に満足していない
  • ブラック企業
  • 若い世代に追い抜かれていく
  • そもそも働きたくない

今の会社に疲れた

40代になっても肉体系労働から解放されない。毎日立ちっぱなしだし、足痛くなるし、寝ても体から疲労感が抜けない。

過度な残業で、精神的にも参っている。毎月100時間残業とかありえない。

40代になって、そのような仕事環境だと肉体が悲鳴をあげてきます。
少し休憩しながら仕事をしても、『まーたさぼってるよ』とか『あの人仕事遅いねー』と思われるかもしれないという罪悪感からつい無理をしてしまう事も。

早く今の環境から開放されたいという思いがあるからでしょう。

40代になったら、残業が少ないホワイト企業に転職することをおすすめします。

 

責任が重くなってきて耐えれない

最も辞めたくなる年齢層が40代前半に集中しているだとか。

年齢を重ねていくと、それなりに責任が重くのしかかってきます。

部下や後輩の面倒を見なければならないし、上司からは「自分でどうにかしろ」と突き放されて放置プレイだし。

孤独!辞めたい!と衝動的になってしまうことも多々あることでしょう。

仕事内容に満足していない

もう20年間も同じ仕事をしている。正直言うと飽きた!もっと新しい仕事をしたい!という気持ちがあることでしょう。

そうしたポジティブ思考は年齢とともに低下してくるのですが、40代で勢そのような考えがあることは良いことです。

新しいことを始めることで、刺激を受けたいという気持ちから転職を考えるようになります。

 

今更ながらこの会社向いていない。ブラックかも

毎日体を酷使し続けて、残業代が出ない事がしばしばある!?
長年勤めてきて、昔ながらの風習で『これくらいの事はどこでも少しはあるよな』と思っていないでしょうか?

それは普通ではなく『ブラック企業』というものですよ。

ブラック企業(ブラックきぎょう、(和製英語で造語)またはブラック会社(ブラックがいしゃ)とは、「新興産業において若者を大量に採用し、過重労働・違法労働・パワハラによって使いつぶし、次々と離職に追い込む成長大企業」[1](今野晴貴による定義)を指す。「従業員の人権を踏みにじるような全ての行為を認識しつつも適切な対応をせずに放置している企業」との指摘もある。対義語はホワイト企業。 引用元:Wikipedia

40代ともなれば、薄々は感じていたでしょうが、こういったブラック企業というのは主に中小企業に多い傾向にあり、現在も多くのブラック企業が根強く残っているというのが現状です。

もし、一度も転職したことがなかったら要注意ですよ!

 

若い世代に追い抜かれていく

これだけ頑張っているのに、若い世代にどんどん追い抜かれていく焦りを感じたことがありませんか?

経営方針によっては、経験をつませるために、あえて若手を起用するといったことが見受けられます。

あまり出世に興味が無かったとしても、やはり自分の中のプライドというのが少し引っかかる部分もありますよね。

経営の長期視点からみると、年齢が若いと有利であって将来性があるので仕方ありません。

心の中で何ともいえない嫉妬感が芽生えてしまう瞬間ですね。

 

正直に言うと、あまり働きたくない

もう20数年働き続けて、様々な事を見てきて正直疲れて働きたくないという感情が実はありますよね?

これは甘えではありません。実際に40代になると、物事に対する知見も深まり今まで見えてこなかった色んなことが更に見えてきます。

先の事を考えただけで無気力になってしまう瞬間も多々ある事でしょう。

 

40代独身男性で転職するメリット

40代で転職する人は正直少ないです。どうしても求人数が少なく、収入が落ちてしまうというデメリットが目立ってしまうからです。

でも、40代の転職ってメリットも沢山あるんです。例えばキャリアを活かせるとか、意外と求人があるとか、、、詳しく解説していきます。

  • キャリアを活かせる
  • 転職先でそれなりの優遇を受けれる
  • 行動の縛りが無い

キャリアを活かせる

40代ともなれば、それなりの経験値が溜まっているはずなので、転職先でもロケットスタートが可能です。

同業種であれば、その効果は尚更高まることでしょう。

しかしながら、自身の能力で左右されるので、そうでない場合もあります・

 

転職先でそれなりの待遇を受けれる

今までの経験を活かすことができれば、それなりの給料を貰うことができます。

同世代の平均年収と比較すると多少下がってしまいますが、転職後に管理職に登用される確率も上がるため収入面では若いころの転職よりもメリットがあります。

年齢層別の平均給与

引用元:国税庁データベース

国税庁データから、40代男性の平均年収は軽く600万円を超えてることがわかるとおもいます。

中央値で見ると、約500万円です。

jajamaru
ちなみにjajamaruの平均年収は、ほぼ平均となっています、、、

転職後にいきなりこの収入に到達するには、ハイキャリア求人を取り扱っている転職エージェントを利用するといいでしょう。

一般的な求人でも600万越えの求人はありますが、専門性の高い職種となっています。

ご自身のキャリアに応じて、転職先を決めるのも良いと思います。

 

独身だから行動の縛りが無い

独身だったら何も気にせず行動してみるべきだと考えます。

家族がいると、子供の学費や家のローンなど考えることは沢山ありますが、こういったしがらみから解放されている状態なんです。

自由な事ができるって、最大のメリットではないでしょうか?

 

40代独身で会社を辞めたいと思ったときにとるべき行動

先ほども言いましたが、40代も30代も独身なら関係ありません!

アグレッシブに動いても問題ありませんよ!

 

私の周りにも40代で転職する人は沢山いました。

仮に収入が減ったとしても、困るのは自分だけで周りには迷惑をかけることはありません。

 

考え方を変えてみる

考え方をどう変えるかというと、「別に死ぬわけじゃないし、こんな会社いつでも辞めれるじゃん」と考えることです。

少し気持ちが楽になるはずです!実際に私も辞めたくて悩んでいたとき、他部署の先輩から「別に死ぬわけじゃないし」と言われて心が軽くなった経験があります。

瞬間的には楽になれるのですが、デメリットがあるんですよね。

それは、この考え方「別に死ぬわけじゃないし」やメンタルを維持していかなければならないことです。

環境が変わっていないので、自分の考え方をいかに継続していけるかが肝となります。

ちなみに私は継続できずに人事異動をやってもらいました。

 

人事異動を希望してみる

今の仕事がきついなら、駄目もとで人事異動届けや希望を出してみるのも手です。
または上司に相談してみる。

しかし、異動となると早くても数ヶ月~数年かかる場合がほとんどです。
それまで待てるというのであれば良いと思いますが、確実に異動できるとも限らないため、時間が無駄になる事と不安がつきまとう事になってしまいます。

 

一旦辞めてしまうのもアリ

どうせ独身なんだし、一旦辞めてしまうのもアリです。

但し、いくら独身でも計画性を持ったうえで退職しましょう。

辞めてしまうと収入面での不安がありますが、自己都合になってしまいますが失業保険を利用する手があります。

次の仕事の不安もあるでしょうが、その解決策はページ下に記載しています。

また、計画的に辞めるために給料数か月分の貯金をしておきましょう。

失業保険を貰えるまでの期間を工面するのに使用しましょう。

20数年働いてきたので、この折り返し地点で一旦休憩を入れるのも有りです。

 

とりあえず今すぐ転職サポートに登録しておく

とは言え、次の就職先もいずれは見つけなければなりません。

仮に、今転職する気が無くても今すぐに転職サービスに登録しておくことをおすすめします。
登録は5分程度で終わります。しかも無料なので、あなたにとってのリスクはゼロです。

これを後回しにしてしまうと、病んでしまった場合に登録する気力さえ無くなってしまう恐れがあります。

転職サイトが無かった時代は、ハローワークに何時間も並んでありきたりな求人を自分で判断しなければなりませんでしたよね?

転職サポートは、転職活動全てにおいてのサポートをしてくれます。

[box02 title="転職サービスのメリット"]

  1. 転職先の情報提供
  2. 書類の添削
  3. 面接対策
  4. 年収交渉
  5. 円満退職

[/box02]

すくなくともこれらのサポートがついています。

40代の転職となると他の年代と比べてハードルが高いのは明確です。

だからこそ転職サポートを利用する必要があるのです。

 

そこで私が40代におすすめする転職サポートを紹介します。

doda

転職サイトはdoda

求人情報サービスとエージェントサービスの2種類があり、あなたに合わせた使い方ができる転職サービスです。求人数は日本最大で、新着求人は毎週月曜日と木曜日に更新されます。エージェントサービスは履歴書、職務経歴書の添削、企業への応募、面接前後のサポートがあり内定までトータル的にサポートしてくれます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

■転職のリクルートエージェントは求人数、転職支援実績、顧客満足度No.1。
実績豊富な 転職エージェントがあなたの転職を成功に導きます。
■リクルートエージェントの3つのメリット
1.強みを発見キャリアアドバイザーが、面談を行う中でお客様自 身まだ気づかれていない強味を発見します。
2.非公開求人の紹介転職市場の動向、過去の事例などを考慮し、非公開求人も含めた多数の求人の中から最適な求人を紹介します。
3.企業へのアピール職務経歴書や面接のアドバイスを行うだけでなく、キャリアアドバイザーからも企業にお客様の強みをアピールします。

 

-40代

Copyright© 転職RUNNER , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.