転職するべきか迷っている

転職 大きな決断

転職するべきか診断しましょう!給与や人間関係を考えてみる

この記事は、転職したいけどどうしようか迷ってる人のために書いています。

▼この記事がおすすめな人

  • もっと給料の良いこところ転職したほうがいいのか、、、
  • 人間関係が悪くて転職したいけど勇気がない
  • 転職先で失敗してしまうかもという不安
  • いつ転職するべきか悩んでいる
  • なんとなく転職したいけど、どうしようか迷ってる

私も初めての転職の時は結構悩みました。

正社員じゃなかったけど給料はよかった。人間関係も良かった。

でも正社員じゃないと収入も不安定だし、これから家族を支えていくとなるとちょっと厳しいかなと思って転職を決断しました。

転職経験者から言わせてもらうと、自分の中で基準を作って納得した上で転職してしまえば、その先で何が起ころうと後悔することはありません。

当サイトではその基準の手助けできるアイテムを用意していますので、是非参考までにご覧になっていってください。

 

転職するべきか診断してみる

転職するべきか診断する人

参考までに、転職診断を作ってみました。

転職するべきか診断してみる

問1 : 今の年収に満足している
問2 : 人間関係は良好だ
問3 : 目標としている上司がいる
問4 : 将来年収アップが見込めるか
問5 : 配偶者に今の仕事辞めてと言われている
問6 : 今の仕事にやりがいを感じる
問7 : 残業したら残業代が出る
問8 : 正社員で働いている
問9 : 趣味を楽しんでいる
問10 : 朝起きるのが辛い

 

この結果が全てではありませんが、判断基準の一つとして参考にしてみてください。

 

転職するべきか判断する方法

転職の判断基準を教える人

簡単ですが転職する際の判断基準をお教えします。

基準はたったの2つです。これだけで問題ありません。

色々考えてしまうと、結局転職できずに一生そのままその会社にいることになります。

給与と人間関係

収入と人間関係は必ずセットで考えましょう。

どちらかが欠けていたら、すぐに転職するべきです。その理由を解説していきます。

 

人間関係が問題ないけど、給料が安くて生活に困っている場合は転職することをおすすめします。

この場合、収入が少ないとプライベートが充実しません。プライベートが充実していないということは、心が豊かになりません。

当然ながら、それは仕事のパフォーマンスにも影響してきます。

仕事のパフォーマンスが低下すると、評価されることもないため、そのままずっと低収入のままです。

低収入だと、家族を支えることもできず、子供に必要な教育を受けさせることもできません。

子供に満足のいく教育を受けさせることができなければ、子供も低収入になってしまう可能性が高くなります。

そうなると負の連鎖の始まりです。

こういう理論で、収入が低い場合は転職したほうがいいということです。

 

次に給料が高くても人間関係に問題があれば、転職することをおすすめします。

ここでの人間関係が悪いというのは、いじめやハラスメントのことです。

給料高くても人間関係が悪化してしまうと、精神を病んでしまいます。そうなるとまともに仕事することができなくなります。

仕事がなくなると収入が無くなります。

どん底になってしまうため、人間関係が悪かったら転職するべきという理論です。

 

やりたい仕事があるかどうか

2つ目の基準は、やりたい仕事があるかどうかで判断してもいいという話。

ぶっちゃけ私は今の仕事がやりたいことではないし、今やりたい仕事は大学に行かないと就けない仕事です。

なので半分あきらめ気味なのですが、20代でやりたい仕事があればどんどん挑戦してみるべきです。

アラフォー手前のおじさんは今後悔しています。

やりたくない仕事をやっていると、パフォーマンスを最大限に活かすことができません。

やりたい仕事であれば、どんなにきつくても最高のパフォーマンスを叩き出せます。むしろ疲れません。

なので、失敗するかもという恐れがあるのであれば、そういう気持ちは捨てるべきです。

やりたい仕事をやれば、心が充実してくるため、自然と収入アップにもつながり、人間関係もうまくいくことでしょう。

やりたい仕事をやっている人は、世の中ほんの一握りだけです。

やりたい仕事をやれるだけで幸せですよ。

jajamaru
会社員でやりたい仕事がある場合の話です。自営業だとそれなりの準備や覚悟が必要となるので、安易に転職するのはおすすめできません。

 

転職するべきか診断する方法まとめ

転職には必ずメリットとデメリットがあり、100%満足のいく転職なんてありえません。

どんなに悩んで転職しても、必ずどこかに不満を持ってしまいます。

なので、ぶっちゃけると勢いも必要です。

だって、転職した先の未来なんて、行動しない事にはわからないんだから。

jajamaru
判断基準のポイントは2つ
  1. 収入と人間関係に満足しているか
  2. やりたい仕事があるか

 

 

おすすめの転職サイト

転職する際には転職サイトを利用しましょう。自分で転職活動するよりはるかに効率的で自分に合った仕事を探すことができます。

無料で利用できるので、複数登録してスピード転職するのもアリです!

リクルートエージェント

リクルートエージェント

■転職のリクルートエージェントは求人数、転職支援実績、顧客満足度No.1。
実績豊富な 転職エージェントがあなたの転職を成功に導きます。
■リクルートエージェントの3つのメリット
1.強みを発見キャリアアドバイザーが、面談を行う中でお客様自 身まだ気づかれていない強味を発見します。
2.非公開求人の紹介転職市場の動向、過去の事例などを考慮し、非公開求人も含めた多数の求人の中から最適な求人を紹介します。
3.企業へのアピール職務経歴書や面接のアドバイスを行うだけでなく、キャリアアドバイザーからも企業にお客様の強みをアピールします。

 

ジェイック

就職支援のJAIC(ジェイック)

有料職業紹介事業者に認定されている数少ない転職サービス「ジェイック」。新卒からニート、未経験でも手厚いサポートを受けることができます。また、書類選考無しの案件も取り扱っており、転職においてハンデを抱えている人は有利に利用することができます。ブラック企業を排除した求人を取り扱っているため、身心ともに健康的に働きたい人におすすめ。

 

キャリアスタート

キャリアスタート

20代フリーターから正社員を目指している人、第二新卒を得意としている転職サービス。労働環境がしっかりした会社と取引しているため、安心して転職が可能です。学歴や正社員歴、年収などは一切基準としていないため、経歴に不安がある人でも気軽に利用することができます。

-転職 大きな決断
-, , , ,

Copyright© 転職RUNNER , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.